Skip to content

転職支援会社の担当者との関係は大事だ

私は、30代男性会社員です。
現在の会社での給与に不満があり転職を考えていました。
そして、12月のボーナスの賞与支給額をみてとうとう転職を決意いたしました。
早速、2社の転職支援会社に登録したところ、早々に5社の外資系会社を紹介されて面接にいったのです。

面接に向けて、転職後の給与とその後の給与増額についてを主にお話をすることとし面談にいきました。

面談では、初めに30分ほど転職先の会社の説明を受け、これまで会社でやってきたことをかなり細かくヒアリングを受け、転職後どのようにしてその会社に貢献できるかについて説明を求められました。合計で1時間30分ほどです。
面談中は、給与についての説明はなく、先方からの質問の場でこちらから給与について突っ込んで確認したしだいです。

また、普段の業務の一連の作業についても確認しました。そして、一連の作業の中の課題についても確認しました。

面談後、面談内容について転職支援会社の担当者へ報告をしました。担当者からは、業務内容の確認については大変よかったとのことです。ただし、給与・賞与についての確認はいただけないとのことでした。正直なぜ給与について確認がいただけなかったのか全く理解できないのですが、担当者曰わく「報酬が先行する人間は…」でした。転職にあたり、給与に不満がある旨を伝えています。不満な事柄にたいして改善を求めての転職で給与の話もせずに転職してなにも変わらなければ意味がないようにおもえます。

その後、先方から次の面談の話がきましたが、転職支援会社の支援について不満がありお断りしました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です