Skip to content

元大手企業の正社員は、意外と中小企業に転職しにくいです

転職では、大手から中小企業に転職をするのは不利です。何故かと言うと、中小企業の面接担当官には大手企業に対するコンプレックスがあります。また、学歴コンプレックスもあります。大手企業の人は高学歴で高収入の人が多いという世間一般でのイメージがありますので、大手企業というと敬遠しがちになってしまいます。

確かに、大手企業の元正社員が中小企業の企業風土に合わない雰囲気を漂わせているのも原因の一つではあるでしょう。しかし、それ以前に『大手企業出身』という目で見られてしまいますので、自分はそれは正直苦痛に感じてしまいます。

本当は、大手の会社に勤めていて、それから会社を辞めてからまた大手に就職をしようとすると、履歴書を送っても面接まで行かない為に、大手企業を辞めたら中小企業に当然転職をするという仕組みに社会はなっているのです。

しかし、大手企業というと世間一般では官僚的だというイメージが染みついてしまっています。僕は大手企業から中小企業に転職をしたいのにもかかわらず、世間のイメージが邪魔をしてなかなか転職活動を進める事が出来ません。

今の時代が不景気で、なかなか採用されないというのは分かりますが、でも、元大手企業の人にももっと転職のチャンスのある社会になれば良いなと思っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です